利用者の声

創業アシストプラザでは、これから創業される方、創業間もないお客さまの夢の実現を力強くサポートしています。各講座、スクールに参加された皆さまからは、たくさんの声が寄せられています。

公開講座参加者の声

  • 【心構え】

  • 開業することより継続させることが大事であると再認識でき、やる気になった。(50代女性)

  • 創業に当たって、まず考えておくべき点が理解できた。(40代男性)

  • 隣の席の起業する方とディスカッションし、聞く一方よりとても実践的だった。(30代男性)

  • 【マーケティング】

  • ワークがあり、自分のビジネスプランを考える良い機会になった。(60代男性)

  • あっという間に時間が過ぎた。もう少し聞きたかった。(20代女性)

  • 自分の弱点が分かったので、これを機にもう少しプランを詰めて行きたい。(40代男性)

  • 【財務・税務】

  • もうけの仕組、経費の考え方など、経営者として必要な数字が分かり目からウロコだった。 (40代女性)

  • 損益計算書、貸借対照表の科目等は知っていたが、具体的にどう関連して何を示しているのか理解できた。(30代男性)

  • 税金に関して、今まで全く知らなかったことに気づいた。入門として最適だった。(30代女性)

  • 【資金調達】

  • 創業保証の利用方法が良く分かった。(20代男性)

  • 初めて聞く内容が多く、参考になった。(40代女性)

  • 具体的な成功事例と失敗事例の話があり、イメージがつかめた(50代男性)

創業スクール参加者の声

  • 自分自身の考えを整理する機会になった。(20代男性)

  • ビジネスモデルの作り方や資金繰りについて具体的に分かった。(50代男性)

  • 参加者同士すごく強いつながりができた。(40代男性)

  • 皆さんでディスカッションし、異業種からのヒントを得ることができた。(30代女性)

  • 実際に起業された方の話を聞く機会があり、とても参考になった。(40代女性)

  • (個別相談会にて)専門家の視点から具体的にアドバイスいただけた。(60代男性)

TOPICS

  • 株式会社チャイルド・スマイル(調布市)
    代表取締役 平田さん

「窓口の方にとても丁寧に対応していただき、心地よく相談することができました」


 都内で小規模保育所を運営している平田さん。創業の動機は「子どもが好きだというのが何よりの理由」とのことでした。実は、平田さんの母親も大の子ども好き。親戚や近所の子供たちをよく自宅で預かり、当時幼少だった平田さん自身も、年下の子どもたちの世話を手伝いながら育ちました。
 そして大人になり、いざ平田さん自身が母親になってみると、待機児童の多さや、子どもを預けられるご近所さんの少なさなど、当時とは随分かけ離れた現実に直面。「かつて母親がやっていたような環境の保育所ができないだろうか」と思いを巡らせました。
 創業準備段階から今日に至るまで、周囲に自分の夢を発信することで、数々の難局を乗り越えてきたという平田さん。元来、人に頼ることは苦手で、むしろ一人で多くを抱えてしまいがちだったそうですが、事業を通じで出会ったさまざまな方から助言や支えを得ているうちに、「できないだろうか」といった漠然とした思いが、いつしか「できるのではないか」という信念に変わっていきました。また、苦労した借入や創業計画書作成の局面で自分の夢や「協力して欲しい」を発信した信用保証協会では、「窓口の方にとても丁寧に対応していただき、心地よく相談することができました」との事でした。
 保育所の名称「ちいはぐ」には「地域(ちい)で子どもを育み(はぐ)、小さな(ちい)ハグ(はぐ)があふれる街に」との想いが込められています。この想いと行動が共感を呼び、2012年3月の創業からわずか3年あまりで都内5か所に小規模保育所を構えるまでに成長しました。「考えてばかりいたら良い波が去ってしまったかもしれません」と、創業当時を振り返える平田さん。夢を持ち続けること、そしてその夢の実現に向けて、大胆かつ冷静に一歩踏み出すことの大切さを教えられました。


東京信用保証協会について ご利用の流れ 信用保証制度のご案内 創業アシスト情報 経営支援情報 事業所一覧 お問い合わせ・Q&A
  • PDFをご覧頂くにはAdobeAcrobatReaderが必要です。
    ダウンロードはこちらから。