Close
Close
Close

職員紹介

  1. 01神谷 洋平 新宿支店 保証課
  2. 02大井 裕樹 創業アシストプラザ創業課
  3. 03塚田 竜太 経営支援部 経営支援課
  4. 04角 亜美 管理部 信用保険課
  5. 05笹口 周 整理部 整理課

01神谷 洋平 若い経営者から経験豊富な経営者まで。さまざまな経営者と出会える刺激に満ちた仕事。

1 “ディフェンダー”として中小企業を下支えする。公共性の高い事業に惹かれて、入協を決意。

私は学生時代にフィールドホッケー部に所属しており、ディフェンダーという守備の面から失点を防ぐ事でチームを下支えしていました。特に接戦の試合で守り勝つことができた時にはチームメイトから感謝され、ディフェンダーというポジションにとてもやりがいを感じていました。就職活動を始めた時も、ディフェンダーとしての経験から「自分自身の力を人のために役立てたい」という気持ちが強く、公共に資する仕事を志望していました。就職活動を行っていく中で、当協会は“信用保証”という金融サービスで多くの中小企業を下支えしていることを知り、非常に魅力を感じました。選考が進む中でさまざまな職員と会うことで、当協会で働く自分自身を明確にイメージできるようになり、ますます志望度が増していきました。

2 整理課業務において最も大切なのは、お客様と信頼関係を築くこと

金融機関から融資を受けているお客様の中には、何らかの事情で返済が滞ってしまう方もいらっしゃいます。この場合、まずは当協会が金融機関に対して代位弁済(立て替え払い)を行います。その後、私の所属している整理課がお客様の債務を返済いただく窓口となり、お客様と一緒に弁済計画を考えていきます。時には、債務整理を受任している弁護士と交渉を重ねたり、裁判所で破産・民事再生など法的整理を進めることもあり、法律も含めて専門知識が求められる仕事です。しかし、どのような形を取るにしても、私たちが目指しているのは返済が困難になったお客様にとって最適な弁済の方法を考えていくことです。面談では時間をかけてお客様のお話を聞くことが何よりも大切です。何度も面談を行った結果、「笹口さんがここまで考えてくれるなら」とお客様が心を開いてくださることがあります。お客様が再出発を目指すにはこうしたプロセスを地道に重ねていく必要があり、ここに私たち整理課の存在意義があるのだと思います。

3 整理部門の役割が“再建”なら、保証部門は“挑戦”。次は、中小企業の挑戦を支える仕事に就きたい。

当協会の先輩方はいずれも「自分達が中小企業の未来を支えていくんだ」という強い情熱をもって仕事に取り組んでいます。こうした先輩方に囲まれていると、自ずと私自身の意欲も高まっていきます。先輩方には新人の時から数えきれないくらいお世話になってきましたし、今も難しいケースを相談すると、適切なアドバイスをくれます。社会貢献度の高い業務に携われるのはもちろん、尊敬できる先輩や上司に囲まれていることもまた、当協会で働く大きな魅力です。今、私が携わっている整理課の業務は、お客様の“再建”を担う重要な仕事です。一方で、保証の諾否を判断する保証部門は、お客様の“挑戦”を支えるという大きな役割を担っているといえます。今後は保証部門でお客様の挑戦を支えたり、他にも様々な部門を経験し、当協会の職員に求められる知識を蓄えていきたいですね。そして、得た知識や経験を中小企業のお客様のために活用し、首都東京の経済活性化に貢献できたらと考えています。

【整理部門の仕事】

キャリアフロー

1日のスケジュール

  1. 01神谷 洋平 新宿支店 保証課
  2. 02大井 裕樹 創業アシストプラザ創業課
  3. 03塚田 竜太 経営支援部 経営支援課
  4. 04角 亜美 管理部 信用保険課
  5. 05笹口 周 整理部 整理課
(C)2018 Tokyo Guarantee.