Close
Close
Close

職員紹介

  1. 01神谷 洋平 新宿支店 保証課
  2. 02大井 裕樹 創業アシストプラザ創業課
  3. 03塚田 竜太 経営支援部 経営支援課
  4. 04角 亜美 管理部 信用保険課
  5. 05笹口 周 整理部 整理課

04角 亜美 保証ご利用中のお客様を完済まで見守る。信用保証の屋台骨を支えるやりがいの多い仕事だからこそいきいきと働ける。

1 保証付融資の内容をチェックし、代位弁済や保険金請求の手続きを行う。

お客様が当協会の信用保証を利用して融資を受けてから、完済するまでの期間に、保証している債務の管理を行うのが管理部門です。その中でも私が担当している業務は、代位弁済した金額の一部を日本政策金融公庫から保険金として受け取るための保険金請求に関する手続きを行うことです。このほか、実行された保証付融資の融資条件が適切であるかどうかの確認や、保証期間や返済方法の問い合わせへの対応も重要な仕事です。

2 結婚・出産を経て職場に復帰。理解ある上司の支援に心から感謝。

現在の信用保険課に異動して、産休に入り、1年間の育児休業を経て職場復帰をしました。現在は育児短時間勤務制度を利用して勤務しています。入協当初は将来のキャリアプランを明確に抱いていなかったのですが、職場に子育て中の先輩がたくさんいたので、自然と「私も子育てをしながら仕事を続けたい」と思うようになりました。ただ、復帰の前後は不安もありました。まず、産休・育休で1年以上休んでいたため、仕事の勘を取り戻すまでに時間がかかりました。また、子どもが体調を崩すことが多く、心に余裕がなくなってしまったんです。そんな時、私の様子を見て先輩が声をかけてくれました。「どうしたの?大丈夫?」と。そして、私の悩みをすべて受け止め、適切な助言をくださいました。このように当協会には、社会人としても一人の人間としても心から尊敬できる先輩や上司がたくさんいます。先輩方の助けがあるからこそ、私はこうして子育てと仕事を両立できているのだと実感しています。

3 管理職として活躍する先輩が私の目標。長く働き続けたい。

私のいる管理部では、金融機関が保証付融資を実行してから完済になるまでの様々な手続きを行っています。いわば、信用保証制度の屋台骨を支える大事な仕事をしているといえます。このようにやりがいのある仕事だからこそ、毎日をいきいきと過ごすことができています。今後の目標は、子育てと仕事を両立させ、当協会で長く働き続けることです。その為に、当協会の研修制度や通信教育補助制度を利用して、管理部門の知識に限らず保証や整理部門も含めてより専門的な知識の習得に励みたいですね。職場の先輩に子育てをしながらキャリアを磨き、管理職として活躍している方がいるのですが、この方を目標に努力を続けていくつもりです。

【管理部門の仕事】

キャリアフロー

1日のスケジュール

  1. 01神谷 洋平 新宿支店 保証課
  2. 02大井 裕樹 創業アシストプラザ創業課
  3. 03塚田 竜太 経営支援部 経営支援課
  4. 04角 亜美 管理部 信用保険課
  5. 05笹口 周 整理部 整理課
(C)2018 Tokyo Guarantee.