信用保証料の分割支払

分割の手続や計算例などをご紹介します。

信用保証料の分割支払ができるのは、保証申込時または条件変更申込時に「信用保証料分割支払承認依頼書」(一般用・当貸用)を提出いただき、協会が承認した場合です。
なお、東京都制度融資で信用保証料の補助を受ける場合には、分割支払のお取り扱いはできません。


【信用保証料分割支払回数割合】

信用保証料分割徴収割合表

※1 保証条件変更の場合は変更契約日、当座貸越根保証の場合は契約締結日とします。

※2 元本確定後に条件変更を行う場合は、「区分1」を適用します。

【信用保証料分割支払の計算例】

貸付金額2,000万円、保証期間10年、返済据置期間6ヵ月、
信用保証料1,545,750円の場合、
信用保証料は分割徴収回数5回に該当し、次のとおりとなります。


第1回(貸付時) 1,545,750円×35%=541,013円
第2回(満1年後) 1,545,750円×30%=463,725円
第3回(満2年後) 1,545,750円×20%=309,150円
第4回(満3年後) 1,545,750円×10%=154,575円
第5回(満4年後) 1,545,750円×5%=77,287円

※2回目以降の支払については、支払期日までにご本人および金融機関にご通知します。

東京信用保証協会について ご利用の流れ 信用保証制度のご案内 創業アシスト情報 経営支援情報 事業所一覧 お問い合わせ・Q&A
  • PDFをご覧頂くにはAdobeAcrobatReaderが必要です。
    ダウンロードはこちらから。